空き家バンク

現在の位置

空き家の適正管理

更新日:2017年3月3日

空き家の適正管理について

近年、空き家の増加が全国的に社会問題化しており、少子高齢化、経済的事情、相続や複雑な権利関係など、その要因は多岐に渡ります。

空き家は、何の手入れもされていない管理不十分な状態が続くと、様々な問題が発生します。

なぜ問題なの?

適正に管理されていない空き家は、次の問題を発生させる可能性があります。

  • 老朽化による建物の倒壊、放火や不法侵入のような犯罪の誘発など、防災・防犯性の低下
  • ごみの不法投棄や悪臭など、衛生面の悪化
  • 草木の繁茂や害虫の発生など、近隣住民の生活環境の悪化
  • 落書きや割れた窓ガラスなど、風景・景観の悪化

管理はだれがするの?

空き家は、個人資産です。このため、所有者等の皆さまが適正に維持管理することが原則です。

管理に瑕疵があることによって他人に損害を与えた場合は、被害者に対して損害を賠償する責任が生じることもあります。

未登記の空き家、相続登記や住所変更登記等がされていない空き家は、後々所有者不明で問題が発生する可能性がありますので、法務局ですみやかに登記の手続きをしてください。

所有者等の皆さまの責任において、適正な維持管理をお願いします。

二宮町シルバー人材センターでも、植木の剪定や草刈等を業務として扱っています。
詳細は、下記のリンク先のホームページをご覧ください。

二宮町シルバー人材センター

関連リンク集

神奈川県(空き家施策)

神奈川県居住支援協議会

空家等対策の推進に関する特別措置法関連情報
 

お問い合わせ先
企画政策課 戦略推進班〒259-0196 神奈川県中郡二宮町二宮961
電話: 0463-71-3311
ファックス:0463-73-0134

お問い合わせはこちら