現在の位置

平成30年秋季火災予防運動

更新日:2018年10月22日

秋季火災予防運動ポスター

火災予防運動オリジナルポスター

平成30年秋季火災予防運動を実施します。

期間は11月9日(金曜日)から11月15日(木曜日)までの1週間です。

秋は日ごとに寒さが増し、それに伴って暖房器具の使用機会も増えてきます。また、空気が乾燥しはじめ時折強い風が吹くなど、火災が発生・拡大しやすい気象条件下にあります。

秋の火災予防運動は、このような火災危険が高まる時季に町民の皆様の火災予防意識をより一層高めていただくことで、火災の発生を防ぎ、尊い人命と財産を火災から守ることを目的に実施されるものです。

そのため、消防本部では、運動の効果が高まるよう、期間中、町内で様々な防火事業を展開してまいります。(下記をご参照ください。)
町民の皆様におかれましても、今一度、ご家庭内の防火体制を再確認していただき、火災のない安全・安心な町づくりにご協力ください。

なお、今年度の全国統一防火標語は次のとおりとなっています。

「 忘れてない? サイフにスマホに 火の確認 」

火気は使用者が責任をもって管理し、一時的にその場を離れるような場合でも、必ずその都度消火するよう心掛けてください。

平成30年秋季火災予防運動の詳細
日時 2018年11月09日~2018年11月15日
ところ
二宮町全域
内容 二宮町消防本部では、火災予防運動の期間中、町民の皆様に火災予防意識を高めていただくとともに、消防機関の火災対応力を強化するため、次のような事業を実施いたしますのでご理解とご協力をお願いいたします。

1、消防署及び消防団の車両による巡回広報を実施します。
2、町内を走行するタンクローリーや高圧ガス運搬車両に対し、大磯警察署・神奈川県と合同して路上立入検査を実施します。
3、消防隊と事業所の連携を強化するため、事業所と合同の火災対応訓練を実施します。(消防訓練に際しての詳細参照)
4、二宮町児童防火ポスターコンクールの優秀作品を二宮駅及び消防庁舎前で展示します。
5、住宅用火災警報器の10年交換を促進するため、平成22年に新築した住宅に対し、住宅防火訪問を実施します。
6、老朽化した消火器の回収事業を実施します。(主催:二宮町防火安全協会)
主催 二宮町消防本部
火の用心7つのホ゜イント

3つの習慣・4つの対策

3つの習慣

1.寝たばこは、絶対やめる。

2.ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

3.ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策

1.逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。

2.寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。

3.火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。

4.お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

消防訓練に際しての詳細

平成30年11月14日(水曜日)午前9時00分から午前10時00分まで西友二宮店と連携した消防訓練を実施します。

この消防訓練に際し、午前9時頃、中里地区周辺の道路を消防車両がサイレンを吹鳴して走行いたします。
消防車のサイレンが聞こえましても、実際の火災ではありませんのでお間違えのないようご注意ください。

なお、訓練中は走行区間に安全監視員を配置しますが、付近を通行する場合には、十分ご注意いただくとともに消防車両の走行にご協力ください。また、緊急の場合には、監視員の指示に従っていただけますようお願い申し上げます。

平成30年秋季火災予防運動実施計画(PDF:170.4KB)

消防訓練チラシ(PDF:448.8KB)

住宅防火訪問の実施について

関連ページ

総務省消防庁

お問い合わせ先
消防課 予防班〒259-0131 神奈川県中郡二宮町中里711-1
電話:0463-72-0015
ファックス:0463-72-0117

お問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。