現在の位置

常設展

更新日:2020年11月1日

ふたみ記念館常設展

Futami Toshitoki

「二見利節—いろの魔力-」

展示期間 2020年11月1日(日曜日)~2021年10月24日(日曜日)

 

  利節は常に新しい作品表現の可能性を開拓すべく、さまざまな画材や技法を取り入れ、独特の世界観をつくりあげた洋画家です。

 利節が残した作品からも画材や技法、様式の多彩さに、描くことに対する画家の貪欲なまでの熱意を感じます。

 戦後、作品は一転し、独自の画論のもと、作品はより『抽象的タッチ』なものとなっていった中で、そんな利節が画面にどのような変化と特徴を与えてきたか、これまで、画材、技法、表現、デッサンの発想を題材に取り上げ、紹介してきました。

 今回は、その奔放な利節の『表現の集大成』として、”いろ”使い・”いろ”合いが表現された作品を展示します。

あじさい

作品タイトル:あじさい(仮題)
制作年:不詳
サイズ:縦42.7ミリメートル 横55ミリメートル
技法材質:クレパス/紙
当館所蔵 

お問い合わせ先
生涯学習課 生涯学習・スポーツ班〒259-0123 神奈川県中郡二宮町二宮1240-10
電話:0463-72-6912
ファックス:0463-72-6914

お問い合わせはこちら