二宮町ふたみ記念館

常設展「二見利節—いろの魔力-」開催中‼

 

展示期間 2020年11月1日(日曜日)~2021年10月24日(日曜日)

 

 利節は常に新しい作品表現の可能性を開拓すべく、さまざまな画材や技法を取り入れ、独特の世界観をつくりあげた洋画家です。

 利節が残した作品の画材や技法、様式の多彩さに、描くことに対する画家の貪欲なまでの熱意を感じます。

 戦後、作品は一変し、独自の画論のもと、作品はより『抽象的タッチ』なものとなっていきました。そんな利節が画面にどのような変化と特徴を与えてきたか、これまで、画材、技法、表現、デッサンの視点から紹介してきました。     

 今回は、その奔放な利節の『表現の集大成』として、”いろ”使い・”いろ”合いが表現された作品を展示しています。

  ぜひ、二見利節の独特の世界を間近に見に来てください‼

 

ご挨拶

二宮町ふたみ記念館は、本町出身の画家、二見利節(ふたみとしとき)の作品その他関連する資料を展示並びに保存するとともに、文化の向上と豊かな地域社会の形成に寄与することを目的としてつくられました。

建設にあたっては、篤志家から土地と建物をご寄贈いただき、2500点余りの二見利節作品をご遺族からご寄贈を受けるとともに、関係諸氏から多大なご協力をいただき開館となりました。こころよりお礼申し上げます。
 

施設案内

ふたみとしとき

作品紹介

交通アクセス

開館情報

観覧料

一般200円(中学生以下無料)                                              (注釈)身体障害者手帳または療育手帳の交付を受けている方とその介護者は、観覧料が無料となります。入館時に手帳を ご提示ください。

休館日

月・火曜日(祝日の場合は開館し翌日休館)、年末年始 

開館時間

10時~16時(入場は15時30分まで)