インフルエンザが流行しています

更新日:2017年1月30日

 インフルエンザの患者が増えており、神奈川県内でも流行警報が発令されました。今後も患者の増加が予想されますので、うがい・手洗い、咳エチケットを心がけ感染予防に努めましょう。

 

予防方法について

・ワクチン接種(料金は有料になります)

 感染しても発病する可能性を低くし重症化を予防する効果があります。免疫ができるまでに時間がかかりますので、希望される方は早めに接種しましょう。    

・流水・石鹸に手洗い

 手指などについたウイルスを除去するのに効果があります。帰宅時や食事の前などは必ず手を洗いましょう。

・咳エチケット

 咳やくしゃみが出るときはマスクを着用し、鼻汁・痰が付いたティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。

・休養と栄養 

 十分な栄養とバランスのとれた栄養摂取を心がけ、体の抵抗力を高めましょう。

・人ごみへの外出を控える

 感染の危険があるため、インフルエンザの流行期には人混みや繁華街への外出は控えましょう。

 

厚生労働省(インフルエンザ対策)

神奈川県(記者発表資料)

神奈川県衛生研究所感染症情報センター(インフルエンザ情報)

お問い合わせ先
健康づくり課 保健予防班(保健センター)〒259-0123 神奈川県中郡二宮町二宮1410
電話:0463-71-7100
ファックス:0463-72-6086

お問い合わせはこちら