ガラスのうさぎ

更新日:2018年6月28日

「ガラスのうさぎ」の由来

太平洋戦争終結直前の昭和20年8月5日、ここJR二宮駅(当時国鉄)周辺には艦載機P51の機銃掃射を受け、幾人かの尊い生命がその犠牲となりました。
この時、目の前で父を失った12歳の少女が、その悲しみを乗り越え、けなげに生き抜く姿を描いた戦争体験記「ガラスのうさぎ」(高木敏子さん著)は国民の心に深い感動を呼び起こし、戦争の悲惨さを強く印象づけました。
この像は、私たち二宮町民が平和の尊さを後世に伝えるために、また少女を優しく励ました人たちの友情をたたえるために、多くの方々のご協力をいただき建てたものです。

少女が胸に抱えているのは、父の形見となったガラスのうさぎです。

「ガラスのうさぎ」像記念碑文より

ガラスのうさぎ

二度と戦争があってはならないと、永遠の平和を願う人々の浄財によって昭和56年(1981年)、二宮駅南口に、この像は建てられました。

平和都市宣言

平和首長会議

地図情報

関連ページ

〈第28回〉ガラスのうさぎ像平和と友情のつどい

ガラスのうさぎ像に千羽鶴を飾ろう

お問い合わせ先
総務課 庶務人事班〒259-0196 神奈川県中郡二宮町二宮961
電話:0463-71-3311
ファックス:0463-73-0134

お問い合わせはこちら