現在の位置

予防接種

更新日:2020年2月5日

ヒブワクチンの一時的な供給遅延に関するお知らせ

 ヒブワクチンの注射針に不備がある事例報告があり、原因調査のため製造元からのワクチンの出荷が一時的に停止されている状況です。

 そのため、ヒブワクチンの供給が安定するまで、「1回目」「2回目」接種の方を優先するように厚生労働省から通知がありました。

 今後のワクチンの供給状況及び各医療機関のワクチンの在庫状況によっては、ヒブワクチンの接種に影響が出る可能性があります。

 ご迷惑をお掛けしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

アクトヒブの供給の一時的な遅延に係る対応について(PDF:514.5KB)

厚生労働省ホームページワクチンの供給状況について(ワクチンごとの情報「Hib」)

子どもの予防接種

定期予防接種について

定期の予防接種とは、予防接種法によって、対象疾病、対象者及び接種期間などが定められている予防接種をいいます。

現在町では、下記の予防接種を実施しており、下記予防接種実施医療機関でこれらをうけることができます。

 

  • BCG
  • 四種混合
  • 不活化ポリオ
  • 三種混合
  • 二種混合
  • 麻しん(はしか)・風しん
  • 日本脳炎
  • Hib感染症
  • 小児の肺炎球菌
  • 水痘(みずぼうそう)
  • B型肝炎

予防接種を受けるにあたって

現在町で実施している予防接種は全て個別接種となりますので、予防接種を実施する際は、必ず医療機関に電話で予約をして下さい。

子どもの予防接種を受ける際は母子手帳を必ず持参し、予診票を提出してください。(予診票は各医療機関にあります)

予防接種実施医療機関

子どもの予防接種実施医療機関(PDF:67.7KB)

予防接種の費用について

下表の“対象年齢”の間は無料です。

予防接種を受ける際の注意事項

  • お子さんの健康状態をよく見て、体調の良い日に受診しましょう。
  • 慢性疾患(ぜんそく・心臓病・腎炎など)をお持ちの場合は、事前にかかりつけ医の許可をもらってください。
  • 接種を受ける前に医師の説明を聞き、効果や副反応等を理解した上で受けるかどうかを判断してください。

長期療養等による予防接種の特例措置について

インフルエンザを除く定期予防接種について、免疫の機能に支障を生じさせる重篤な疾病や白血病、再生不良性貧血、重症筋無力症、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸炎、ネフローゼ症候群その他免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病にかかっていた等の特別な事情により、対象年齢時に接種を受けることができなかった方は、当該特別な事情がなくなった日から起算して2年(高齢者の肺炎球菌感染症については1年)を経過する日まで(四種混合については15歳に達するまでの間、BCGについては4歳に達するまでの間、Hib及び小児用肺炎球菌については10歳に達するまでの間とします。)定期予防接種の対象者となります。

詳細はお問い合わせください。

BCG

結核菌による肺や髄膜の炎症を予防するための予防接種です。

対象年齢
 生後1歳に到達するまで

標準的な接種開始時期
 生後5か月から8か月まで

接種回数
 
1回

四種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風、不活化ポリオ)

ジフテリア(神経や心臓の筋肉を侵す病気)、破傷風(重度の筋肉痙攣を起こす病気)、百日咳(2~3カ月続く咳)及び小児マヒを予防するための予防接種です。

対象年齢
 生後3か月から7歳6か月に至るまで

標準的な接種開始時期
 生後3か月に達した時から生後12か月に達するまでの期間

接種回数
 
1期初回3回、1期追加1回

接種間隔

  • 1期1回目~3回目(20日~56日の間隔を開けて3回接種します。)
  • 1期追加…3回目が終ってから6か月以上後

ポリオ(不活化ワクチン)

ポリオウイルスによる神経障害(筋肉のマヒ)を予防するための予防接種です。

対象年齢

 生後3か月から7歳6か月に至るまで

標準的な接種開始時期
 生後3か月に達した時から生後12か月に達するまでの期間

接種回数
 1期3回、1期追加1回

接種間隔

  • 1期1回目~3回目(20日~56日の間隔を開けて3回接種します。)
  • 1期追加…3回目が終ってから6か月以上後(生ワクチンを1回以上接種している方は下記をご覧ください。)

その他
 四種混合を接種している場合、この予防接種は不要です。

三種混合(ジフテリア、百日せき、破傷風)

対象年齢

 生後3か月から7歳6か月に至るまで

標準的な接種開始時期
 生後3か月に達した時から生後12か月に達するまでの期間

接種回数
 1期3回、1期追加

接種間隔

  • 1期1回目~3回目(20日~56日の間隔を開けて3回接種します。)
  • 1期追加…3回目が終ってから6か月以上後

その他
 四種混合を接種している場合、この予防接種は不要です。

二種混合(ジフテリア、破傷風)

対象年齢
 
11歳以上13歳未満

標準的な接種開始時期

 11歳に達した時から12歳に達するまでの期間

接種回数
 1回(三種混合若しくは四種混合を全て受けていること)

麻しん(はしか)・風しん混合(MR混合)

対象年齢

  • 1期…生後12か月から24か月に至るまで
  • 2期…5歳以上7歳未満の者で小学校入学前の1年間

接種回数
 2回

その他
 麻しんは、医療・福祉関係や教育・保育関係に就職する際、自らが感染源とならないことが求められています。

また、アメリカ、カナダ及び韓国等に滞在中に麻しんに感染すると行動が厳しく制限される場合があります。

風しんは、妊娠初期の妊婦が感染すると、先天性風しん症候群(心臓病、難聴、白内障等)と呼ばれるあかちゃんが生まれる可能性が高くなりますので、本人だけでなく、周囲の人も一緒に予防することが重要となっています。

日本脳炎

日本脳炎ウイルスの感染による脳炎、意識障害、痙攣等を予防する予防接種です。

対象年齢

  • 1期…生後6か月から7歳6カ月に至るまで
  • 2期…9歳以上13歳未満

標準的な接種開始時期

  • 1期初回…3歳に達した時から4歳に達するまでの期間
  • 1期追加…4歳に達した時から5歳に達するまでの期間
  • 2期…9歳に達した時から10歳に達するまでの期間

接種回数
 4回

接種間隔

  • 1期初回 6~28日 の間隔を開けて2回接種します。
  • 1期追加…第1期2回目が終わってから概ね1年後
  • 2期…9歳~13歳未満

その他
 
平成17年から21年までの積極的接種勧奨の差し控えにより、日本脳炎の予防接種を受ける機会を逸した者(平成7年4月1日生まれから平成19年4月1日までの間に生まれた者)については、対象年齢が「4歳以上20歳未満の者」となります。

Hib感染症(ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型)

5歳未満の子どもがかかりやすいHib細菌による髄膜炎や敗血症などを予防します。

対象年齢

 生後2か月以上5歳未満

標準的な接種開始時期
 
生後2か月から生後7月に至るまで

接種回数
 
1~4回(接種開始年齢により異なります)

接種間隔

  • 1~3回目
    27日(医師が必要と認めるときは20日)以上の間隔を開けて3回の接種を行います。
  • 追加…3回目接種終了後7か月以上

小児の肺炎球菌感染症

肺炎球菌による細菌性髄膜炎や中耳炎等を予防します。

とりわけあかちゃんは肺炎球菌に対する免疫がほとんどないため重篤化することが多くあります。

対象年齢
 生後2か月以上5歳未満

標準的な接種開始時期

 生後2か月から7か月まで

接種回数
 1~4回(接種開始年齢により異なります)

接種間隔

  • 1~3回目
    (27日以上の間隔を開けて3回の接種を行います。)
  • 追加…3回目接種からおおむね60日以上後

水痘(みずぼうそう)

水痘帯状疱疹ウイルスによって引き起こさせる発疹性の病気を予防します。

対象年齢
 
生後12か月から生後36月に至るまで(1歳の誕生日の前日から3歳の誕生日の前日まで)

標準的な接種開始時期

  • 初回接種…生後12か月から生後15か月に達するまでの期間
  • 追加接種…初回接種終了後6月から12月に達するまでの間隔をおく

接種回数
 2回
接種間隔
 3月以上の間隔を開けて2回接種します

その他
 平成26年10月1日より前に 任意接種としてすでに水痘ワクチンの接種を受けたことがある方は、すでに接種した回数分の接種を受けたものとみなします。

B型肝炎

平成28年10月1日からB型肝炎の予防接種が定期予防接種となりました。

対象者 

 平成28年4月1日以降に生まれたお子さん。

(平成28年3月31日以前に生まれたお子さんは公費助成の対象とはなりません。)

 ただし、HBs(B型肝炎)抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として、

 健康保険の給付により、B型肝炎ワクチンを受けた方は定期の対象とはなりません。

対象年齢

 生後1歳に至るまでの間(1歳の誕生日の前日まで)にあるお子さん。

接種回数

 3回接種。

 27日以上の間隔で2回接種、さらに初回接種から139日以上を経過したあとに1回接種。

 (標準的には、生後2か月から8か月で接種するのが望ましい。)

  10月1日以前に接種を受けた方については、任意接種の回数は接種済とみなします。

注意事項

 この予防接種は、1歳になるまでに3回の接種が必要です。

 初回接種から3回目の接種が終了するまでに約4か月半かかります。

 3回目の接種が1歳の誕生日の前日までに終了するようご注意ください。

 10月1日以前に接種した場合は、任意接種となり公費助成の対象とはなりません。

予防接種ワクチンの説明書(添付文書)等が検索できます。

下記リンク(独立行政法人医薬品医療機器総合機構のウェブサイト)よりワクチンの添付文書等が閲覧できます。

対象疾病名やワクチン名から検索してください。

 

医療用医薬品 情報検索(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)

お問い合わせ先
子育て・健康課 健康づくり班(保健センター)〒259-0123 神奈川県中郡二宮町二宮1410
電話:0463-71-7100
ファックス:0463-72-6086

お問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。