現在の位置

手足口病が流行しています

更新日:2019年7月5日

手足口病の警報が発令されました

 手足口病の患者が増えています。

今後も患者の増加が予想されますので、

うがい・手洗い、咳エチケットを心がけ、感染予防に努めましょう。

 

 手足口病とは

乳幼児を中心に、夏に流行する病気です。

まれに大人が感染することがあります。

 

主な症状

口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水泡性発疹が出ます。

熱は、あまり高くならないことがほとんどですが、

まれに髄膜炎や脳炎などの合併症を起こすことがありますので、

症状が出た場合は、医療機関を受診しましょう。

 

感染経路

感染者の鼻やのどからの分泌物や便に排出されるウイルスが、

経口・飛沫・接触などの経路により、人から人に感染します。

 

予防方法について

流水・石鹸で手洗い

 手足口病には、有効なワクチンや治療方法がありません。

流水と石鹸で、こまめに手を洗い、タオルの共用はやめましょう

(注釈)治った後も、比較的長い期間、便の中にウイルスが排泄されます。

また、感染しても発病しないまま、ウイルスを排泄している場合もあります。

 

神奈川県(記者発表資料)

神奈川県衛生研究所

お問い合わせ先
子育て・健康課 育成相談班(保健センター)〒259-0123 神奈川県中郡二宮町二宮1410
電話:0463-71-7100
ファックス:0463-72-6086

お問い合わせはこちら