現在の位置

防災マップ

更新日:2017年4月25日

二宮町は海や山、川があり豊かな自然に恵まれています。

それは、同時に、津波や土砂崩れ、河川の増水による洪水の危険性があるということ

になります。次にありますハザードマップ等により自然災害の危険性や防災に関する

情報を知っていただき災害に備えてください。

 

ハザードマップ・避難所マップ・防災ガイドブック

町では、災害が発生した際に被害を最小限にとどめるため、災害発生時の被害想定

区域を示した「ハザードマップ」や災害別の避難所を示した「避難所マップ」とともに、

災害への事前対策や災害時に役立つ情報を示した「防災ガイドブック」を全戸に配布

し、防災活動への活用を促進しております。(最新版は、平成29年3月改訂版)

ぜひ、自分と家族の安全のため、ご活用ください。

ハザードマップ(平成29年3月改訂版)(PDF:12.2MB)

避難所マップ(平成29年3月改訂版)(PDF:1.9MB)

防災ガイドブック(平成29年3月改訂版)(PDF:2.2MB)

  (容量が大きいため、ダウンロードの際はご注意ください。)

 

次の施設でも入手できます。

 ・防災安全課(役場2階)

 ・生涯学習センター図書館

 ・町民センター受付窓口

 ・町民サービスプラザ

町の津波災害指定避難場所一覧表

津波災害から避難する際は、「海岸から離れ高台へ」が原則となりますので、他の危

険を回避しながら高台へ避難してください。

なお、町では、海岸からの避難先として、津波災害指定避難場所を指定しております

ので避難の際の参考としてください。

 
避難場所名
住所
標高
茶屋老人憩の家 川匂71 25.1メートル
町立体育館 山西218-10 22.5メートル
梅沢老人憩の家 山西102-1 23.0メートル
心泉学園 二宮98 22.4メートル
袖が浦公園 二宮92 24.4メートル
海の星幼稚園 二宮88 22.9メートル
二宮中学校 二宮54-2 23.5メートル

 

海抜表示を設置

平成23年の4~5月に海岸へ通じる道路や標高の低い地点などの39か所に海抜表示を設置しましたが、新たに120か所の海抜表示板と津波災害指定避難場所に看板を追加設置しました。

近隣住民の方や沿岸部に来られた方は、表示に注意して避難する際の参考にしてください。 

海抜表示1

海抜表示2

海抜表示3

  • 地震を感じたらすぐに海岸から離れ、高台に避難しましょう
  • 津波の伝わる速さは、時速数百kmになる場合があります
  • 津波は繰り返し襲ってきます
  • 警報や注意報が解除されるまで注意が必要です
  • 正しい情報を入手し、冷静な行動をとりましょう

新たな神奈川県津波浸水予測図が公開されました(平成27年3月)

神奈川県は、県民のいのちを守ることを目的として、想定外をなくすという考えのもと、神奈川県沿岸に最大クラスの津波をもたらすと想定される、9つの地震を対象として津波浸水予測を見直し、県の沿岸地域における「津波高さ」または「浸水域」が最大となる、合計5つの地震による「津波浸水予測図」を公表しました。

津波による被害の発生や被害の範囲を決定するものではないことにご注意ください。(浸水区域の範囲外でも、津波の浸水が発生する場合があります。)

神奈川県津波浸水予測図(神奈川県ホームページへリンク)

「二宮町の標高と避難所」マップ

東日本大震災の甚大な津波被害を受け、「二宮町の標高と避難所」マップを作成いたしました。

お住まいの地域の標高(海抜)を知っていただき、津波や洪水から避難する際の参考としてください。

全体マップ(PDF:1.6MB)

沿岸東部マップ(PDF:863.8KB)

沿岸西部マップ(PDF:339.6KB)

海岸近くで地震を感じたら直ちに避難(PDF:511.6KB)

全体マップ

お問い合わせ先
防災安全課 危機管理班〒259-0196 神奈川県中郡二宮町二宮961
電話:0463-71-3311
ファックス:0463-73-0134

お問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。