現在の位置

災害で住まいが被害を受けたとき、最初にすること

更新日:2021年3月11日

災害で住まいが被害を受けたときは、あまりのショックに、何から手を付けたらいいか分からなくなるかもしれません。被災者の方々が一日も早く日常の生活を取り戻せるように、行政も様々な支援に動き出します。それらの支援も受けながら、一歩ずつ再建を進めていきましょう。その支援を受けるためにも、被災状況の写真は大切な資料になります。

【政府インターネットテレビ外部リンク】災害で住まいが被害を受けたとき、最初にすること(被害状況を写真で記録する)(1分動画)

家の被害状況を写真で記録しましょう

写真は被災した事実を証明する重要な資料になります。片付けや修理の前に、カメラやスマートフォンなどで忘れずに撮影し保存しておきましょう。町から罹災証明書を取得して支援を受ける際や損害保険を請求する際などに役立ちます。

撮影ポイントは2つ

  • 家の「外」と「中」を撮影する。
  • 被害箇所は漏れなく撮影する。

家の外の写真の撮り方

  • カメラ・スマートフォンなどでなるべく4方向から撮る。
  • 浸水した場合は浸水の深さも分かるように撮る。

家の中の写真の撮り方

  • 被災した部屋ごとの全景を撮る。
  • 被害箇所の「寄り」にて撮る。

その他

  • システムキッチンや洗面台などの住宅設備、家電などの被害状況も撮っておく。
  • 自動車、物置、農機具などの被害状況も撮っておく。
お問い合わせ先
防災安全課 危機管理班〒259-0196 神奈川県中郡二宮町二宮961
電話:0463-71-3319
ファックス:0463-73-0134

お問い合わせはこちら