現在の位置

ドクターヘリ

更新日:2017年7月28日

ドクターヘリとは

救急用の医療機器を装備し、救急医療の専門医師と看護師が搭乗した救急専用のヘリコプターです。 現場から病院までの移動の間に既に医師・看護師による治療が開始され、また救急車での陸送と比較し多くの場合搬送時間が短縮されるため、救命率や機能回復率の向上が期待されます。

神奈川県ドクターヘリは、平成14年7月1日から東海大学医学部付属病院を基地病院として神奈川県全域と山梨県の東部を運航範囲として活躍しています。

ドクターヘリ搬送の流れ

119番通報を受けた救急隊は現場へ向かい、患者の容態を確認し、応急処置を行います。この時に患者の重症度・緊急度や その他の条件を考慮しドクターヘリでの搬送が適していると判断した場合、基地病院へドクターヘリの出動要請を行います。

出動要請を受けた基地病院が出動可能だと判断すればドクターヘリは医師や看護師を乗せ、救急車は患者を乗せ、 事前に取り決められた臨時離着陸場へ向かいます。

ドクターヘリと消防車・救急車にはお互いに交信が出来る無線機が積まれていて、臨時離着陸場へ到着するまでの間、患者の容態などの詳しい情報のやり取りがなされます。

臨時離着陸場には公共のグラウンドや公園などが多く用いられますが、ヘリコプターの離着陸の際には風圧で強い砂煙が巻き起こるため、 安全面から消防車が先回りして放水し、砂煙を抑えることもあります。

ドッキング後は医師・看護師が救急車内で必要な処置や診察を行い、直ちに患者をドクターヘリへ乗せ替え、基地病院へ向けて飛び立ちます。

お問い合わせ先
消防署〒259-0131 神奈川県中郡二宮町中里711-1
電話:0463-72-0015
ファックス:0463-72-0117

お問い合わせはこちら