現在の位置

消費生活相談

更新日:2017年10月5日

消費生活情報

ご家族など身近な方で高齢者の事故を防止しましょう!

高齢者の事故には高齢者特有の様々な要素があり、高齢者ご本人だけではなく、ご家族や親戚の方、近隣、地域の方など高齢者の身近にいる方々が意識することで、多くの事故を防ぐことができます。

詳細は【消費者庁】ご家族など身近な方で高齢者の事故を防止しましょう!をご覧ください。

ご家族など身近な方で高齢者の事故を防止しましょう!

夏期に起こりやすい子どもの事故に注意しましょう。

夏期は、夏休みもあり、子どもたちが活発に遊ぶ季節です。

消費者庁では、水の事故、花火でやけど、おもちゃ類の誤飲といった、夏に起こりやすい子どもの事故の防止をテーマに、情報発信を行っています。

詳細は、【消費者庁】「特集子どもを事故から守る!プロジェクトをご覧ください。

【消費者庁】「特集子どもを事故から守る!プロジェクト

ドライアイスによる手などの凍傷や容器破裂に注意!

ドライアイスは取扱いを誤ると接触による凍傷,密閉容器の破裂,換気が不十分な所でおこる酸素欠乏状態など,大きな事故につながることがあります。
詳細は【消費者庁】ドライアイスによる手などの凍傷や容器破裂に注意!をご覧ください。

【消費者庁】ドライアイスによる手などの凍傷や容器破裂に注意!(PDF:660.8KB)

 刈払機(草刈機)の使用中の事故にご注意ください!

夏場を迎え、刈払機や草刈機を使って家庭の庭木等の手入れなどを行なう機会が多くなります。

消費者庁には、刈払機を使用中に指を切断した、骨折したといった事故の情報が平成21年9月から平成29年6月末までに140件寄せられています。被害に遭われた方の約半数は60歳以上です。

刈払機は個人でも間単に購入することができ、手軽に使える便利な機器です。しかし、使用中は鋭利な刈刃が高速で回転するため、慎重に取り扱わないと指や脚などの切断や骨折等といった重篤なケガにつながる危険性があります。

 詳細は【消費者庁・国民生活センター】刈払機(草刈機)の使用中の事故にご注意ください!をご覧ください。

【消費者庁・国民生活センター】刈払機(草刈機)の使用中の事故にご注意ください!(PDF:2.5MB)

平塚市消費生活センター

平成17年4月から、平塚市・大磯町・二宮町管内の市町において次のとおり相談窓口が整備され、平塚市の相談窓口が利用できるようになりました。 契約や商品・サービスなど消費生活上のトラブルに巻き込まれた時は、一人で悩まず、消費生活相談窓口を気軽にご利用ください。

相談日時

毎週月曜日から金曜日(祝日を除く)
9時30分~16時00分

場所

平塚市八重咲町3番3号 平塚駅南口JAビルかながわ2階
(JR平塚駅南口から徒歩2分)

(注釈)平塚市役所新庁舎の完成に伴い本館に移転を予定しています。

電話

0463-21-7530(直通)

相談方法

電話又は来所

平塚市消費生活センターのホームページはこちら(平塚市のホームページへリンク)

平塚市消費生活センター案内図

案内図(PDF:37.7KB)

自転車・バイク・自動車で来所される方へ

自転車・バイク

建物西側の駐輪場をご利用ください。

自動車

当ビルには無料の駐車場はございません。
自動車でお越しになられる場合は、有料となりますが当ビルの 駐車場、または近隣の駐車場をご利用ください。

地図情報

関連ページ

国民生活センター

かながわ中央消費生活センター

神奈川県消費生活課

お問い合わせ先
地域政策課 地域支援班〒259-0196 神奈川県中郡二宮町二宮961
電話: 0463-71-3311
ファックス:0463-73-0134

お問い合わせはこちら