現在の位置

旧氏(旧姓)併記制度

更新日:2020年11月13日

令和元年11月5日から、住民票やマイナンバーカード等に旧氏(きゅううじ)を併記することができるようになりました。

社会において旧氏を使用しながら活動する方が増加した中、様々な活動の場面で旧氏を使用できるよう、閣議決定等を踏まえ政令改正が行われました。

これにより、婚姻等で氏(うじ)に変更があった場合でも、従来の氏をマイナンバーカード等に併記することで、現在の氏と旧氏を公証することができるようになります。

総務省ホームページ(住民票、個人番号カード等への旧氏の記載等について)

旧氏に関するリーフレット(表面)(PDF:918.4KB)

旧氏に関するリーフレット(裏面)(PDF:439.8KB)

旧氏(きゅううじ)とは

 その人の過去の戸籍上の氏(以前名乗っていた氏)のことです。

 氏は本人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載がされています。

旧氏を併記するには

 住民票に旧氏を併記するには、旧氏記載等の請求手続きが必要になります。住民票に旧氏が併記されると、マイナンバーカードや公的個人認証サービスの署名用電子証明書にも、旧氏が併記されます。

 併記できる旧氏は、一人につき一つです。

旧氏が併記される証明書等

  1. 住民票
  2. 印鑑登録証明書
  3. マイナンバーカード
  4. 署名用電子証明書

請求できる人

 本人

必要なもの

  1. 併記したい旧氏当時から現在までの、全ての戸籍謄本または抄本(各1通)
  2. マイナンバーカード
  3. 印鑑
  4. 本人確認のできる身分証明書(マイナンバーカード持参の場合は不要)

取扱場所

 二宮町役場1階 戸籍税務課戸籍住民班窓口

お問い合わせ先
戸籍税務課 戸籍住民班〒259-0196 神奈川県中郡二宮町二宮961
電話:0463-71-3318
ファックス:0463-73-0134

お問い合わせはこちら