現在の位置

生涯学習関係

更新日:2016年5月2日

埋蔵文化財の取り扱いについて

 埋蔵文化財とは「土地に埋蔵されている文化財」(文化財保護法92条第1項)のことで、これらは国民の歴史的財産として大切に取り扱い、後世に伝えていく必要があります。

 そして、埋蔵文化財を包蔵している土地を「埋蔵文化財包蔵地」といいます。埋蔵文化財包蔵地内で土木工事等を計画された場合は、工事開始の60日前までに神奈川県教育委員会へ通知することが義務づけられています。(文化財保護法93条第1項)

 まず、工事予定地が埋蔵文化財包蔵地内かどうかご確認ください。

 1.埋蔵文化財包蔵地の確認

 〇生涯学習課窓口(生涯学習センターラディアン内事務所)で埋蔵文化財包蔵地を確認してください。

 〇生涯学習課窓口へ来ることが難しい場合、生涯学習課へ工事予定地の地番、ご担当者名、電話番号を記載し、工事予定地が分かる地図を添付したものをファックスまたはEメールで送付していただきますと、電話にて回答いたします。

 2.埋蔵文化財包蔵地内で工事を行う場合の手続き

 届出案内をご参照の上、下記の書類、図面を工事開始の60日前までに生涯学習課へご提出ください。

 〇埋蔵文化財発掘の届出について(2部)

 〇委任状(2部)

 〇図面(届出案内をご参照ください)(2部)

 〇工事の概要(1部)

埋蔵文化財発掘の届出(WORD:48KB)

届出案内(PDF:84.2KB)

工事の概要(EXCEL:27KB)

委任状(WORD:26.3KB)

お問い合わせ先
生涯学習課 生涯学習・スポーツ班〒259-0123 神奈川県中郡二宮町二宮1240-10
電話:0463-72-6912
ファックス:0463-72-6914

お問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。