にのみやLife~実感!住んで良かった~

二宮町ホームページへ

現在の位置

小児医療費の助成

更新日:2022年10月1日

所得制限の撤廃(令和4年10月1日から)

二宮町では、0歳から中学3年修了前までのお子さまに、小児医療証を交付しておりますが、小学生以上のご家庭には所得制限を設けておりました。

しかしながら、子育て世帯への負担軽減及びお子さまの健全な育成をさらに支援するため、令和4年10月1日から所得制限を撤廃いたしました。

  • 保護者の所得制限は撤廃となりますが、補助金の申請のために所得を判定しております。未申告等により所得の確認ができない場合は補助金の対象外となるため、所得の申告等にご協力をお願いいたします。

対象者

各種健康保険に加入している0歳児から中学3年生まで

  • 他の医療給付制度により医療費が無料となるお子さまはこの制度の対象外です。(生活保護、重度障害者医療、ひとり親家庭等医療、児童福祉法に基づく措置による医療など)

助成の内容

入院・通院でかかった保険診療の自己負担分を助成します。ただし、入院時の食事代や保険適用外のもの(予防接種、健診、薬の容器代など)は助成対象外です。

申請方法

役場窓口で申請してください。

申請書

交付申請書(第3号様式)(WORD:26.7KB)

ご案内(PDF:122.2KB)

もちもの

  • 健康保険証(お子さまのもの又はお子さまを扶養されている方のもの)

医療機関へ医療費を支払った場合

役場窓口で申請してください。

もちもの

  • お子さまの健康保険証と小児医療証
  • 領収書
  • 保護者の預金通帳など振込口座がわかるもの


(注釈)保険適用外のものは自己負担になります。また、県外の医療機関等は医療証が使えないため、医療機関の窓口でお支払いいただき、後日役場窓口で医療費助成申請をしてください。健康保険の保険証不携帯の受診の場合は健康保険発行の支給決定通知書が必要です。


(注釈)健康保険適用の医療用補装具(弱視用眼鏡やコルセット等)を作成した場合は、上記のもちもの以外に医師の診断書(意見書)または作成指示書(装着証明書)と、健康保険からの支給決定通知書(支給決定額がわかる書類等)が必要です。

 まず、加入している健康保険組合等に手続きをしていただき、支給決定通知書がお手元に届きましたら役場窓口で手続きを行ってください。医師の診断書(意見書)または作成指示書(装着証明書)と領収書は健康保険組合等から原本の提出を求められることがありますので、提出する前に必ずコピーを取っておいてください。

 なお、弱視用眼鏡等の一部補装具は支給上限額が定められております。

届出が必要な場合

 

届け出が必要な場合の内容と持ち物
内容 もちもの
転職等により健康保険が変わった お子さまの新たに加入した健康保険証、申請者の本人確認できるもの
町内転居 小児医療証
町外へ転出 小児医療証
医療証を紛失した 申請者の本人確認できるもの
  • 町外へ転出する場合は転出日で資格を喪失しますので、転出後は医療証を使用しないでください。資格喪失後に医療機関で医療証を利用された場合、医療費を返金していただくことがありますのでご注意ください。
  • 健康保険が変わった場合の手続きは郵送でも申請可能です。申請事項変更届とお子さまの新たに加入した健康保険証の写しを添えてご送付ください。

申請事項変更届・医療証再交付申請書(第6号様式)(EXCEL:41.5KB)

小児医療証の有効期限

中学3年生:満15歳に達する日の属する年度の末日まで

  • 長期間使用するものとなりますので、大切にご使用ください。
  • 汚れ、破損、亡失等した場合は、お子さまとの関係のわかる身分証明書(運転免許証、健康保険証など)をご持参のうえ、二宮町役場子育て・健康課までお越しください。随時再発行いたします。
お問い合わせ先
子育て・健康課 子育て支援班〒259-0196 神奈川県中郡二宮町二宮961
電話:0463-71-5862
ファックス:0463-73-0134

お問い合わせはこちら

© 2015 Ninomiya Town