現在の位置

新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書(ワクチンパスポート)について

更新日:2021年7月26日

新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書(ワクチンパスポート)申請について


 海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)を発行いたします。

注意(申請を行う前にご確認ください)

当面の間、現に海外渡航予定がある方のみ接種証明書発行の対象となります。海外渡航の利用を目的としない方は対象になりません。

国内で接種の記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」又は「接種記録書」をご利用ください。

また、渡航予定の国における接種証明書の有効性について、外務省ホームページにて公開されている情報や、渡航先国の駐日外国公館等にご確認いただき、申請の必要性をご判断ください。
(参考)外務省海外安全ホームページはこちら

申請の開始時期

令和3年7月26日(月曜日)から、新型コロナワクチンを接種した方で「海外渡航の予定がある方」を対象に、新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の申請受付を開始します。

当面の間は、現に海外渡航の予定がある方のみ対象とします。

手続きの流れ

必要書類を郵送で提出してください。返信用封筒により書面交付いたします。なお、手数料は当面の間求めません。

窓口では申請の受付をしないため、必ず郵送で申請してください。

【必要書類】

(1)予防接種証明書交付申請書

 以下の様式をご利用ください。

 予防接種証明書交付申請書 (EXCEL:18.3KB)

(2)旅券(パスポート)の写し

 (注釈)有効期限が切れている場合、接種証明書は発行できません。また、渡航前に旅券の更新予定の場合は、更新した旅券をご提出ください。

(3)予防接種済証(接種券右下部分)または接種記録証の写し

(4)返信用封筒

 宛名の記載と必要料金分(1通であれば84円分)の切手を貼ってください。

(5)本人確認書類の写し(住民票上の住所が記載されたもの)

 運転免許証、健康保険証等

【場合によって必要な書類】

(6)旧姓・別姓・別名の確認書類(旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合のみ)

 旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍・住民票の写し、当該別名・別姓の記載のある外国の旅券など

(7)委任状及び代理人の本人確認書類の写し(本人以外が代理で申請する場合のみ)

 未成年者の場合は保護者の申請となるので不要です。

郵送受付窓口

〒259-0123

神奈川県中郡二宮町二宮1410番地

子育て・健康課 新型コロナウイルスワクチン接種プロジェクト

発行方法・発行時期

接種証明書(ワクチンパスポート)は郵送で送付します。

発行には接種事実の確認が必要なため、発行までに1週間から2週間ほどお時間をいただくことがあります。

申請内容に不備がある場合は、書類を受理できませんのでご注意ください。

お問い合わせ先

子育て・健康課 新型コロナウイルスワクチン接種プロジェクト
(保健センター)

電話番号:0463-75-9478

受付時間:8時30分から17時15分まで(土日祝日を除く)

 

なお、接種証明書(ワクチンパスポート)に関する一般的なお問い合わせは、厚生労働省の新型コロナワクチンコールセンター(電話:0120-761-770)にお問い合わせください。

お問い合わせ先
子育て・健康課 新型コロナウイルスワクチン接種プロジェクト(保健センター)〒259-0123 神奈川県中郡二宮町二宮1410
電話:0463-71-7100
ファックス:0463-72-6086

お問い合わせはこちら