現在の位置

平成29年12月1日(金曜日)

更新日:2017年12月1日

 11月25日(土曜日)にラディアンで、神奈川県立がんセンター病院長の大川伸一先生による、「あきらめないで!がん治療 もしも身近な人が『がん』になったら」と題する講演会が開催されました。
 この講演会は、中郡の県議会議員である池田東一郎さんの働きかけで、県立がんセンターでのセカンドオピニオン活用につながるよう、二宮・大磯両町主催で行いました。
 大川先生のお話では、『日本では2人に1人が「がん」になる時代だが、63%は治っている。』とのこと。
 がんセンターが進めている最先端の治療法の説明とともに、セカンドオピニオンの目的と具体的な受け方を教えていただきました。
 会場からは、実際にがん治療を受けている方々からの質問も続き、迷っている患者さんにとってのセカンドオピニオンの必要性がひしひしと伝わってきました。
 また、大川先生からは、がん検診の重要性もご指摘いただき、町としても、さらにがん検診の受診率をあげていかなければならないと思いました。
 会場となったラディアンには図書館がありますが、図書館には、健康・医療関連図書コーナーに闘病記や健康や医療に関する書籍がそろっていますので、そちらもぜひご活用ください。


 

町長の日記

町長の日記


 

お問い合わせ先
地域政策課 広報統計班〒259-0196 神奈川県中郡二宮町二宮961
電話: 0463-71-3311
ファックス:0463-73-0134

お問い合わせはこちら