現在の位置

令和元年8月1日(木曜日)「長寿を支える地域&健康づくりセミナー」

更新日:2019年8月1日

 

 暑さが厳しくなってきた中、7月30日(火曜日)の午後、「長寿を支える『地域&健康』づくりセミナー」が町民センターで開催されました。
 文教大学の二宮准教授を講師としてお招きし、町内で活発に行われている「地域の通いの場」の効果についてお話しいただきました。
 2018年の町内の介護保険の認定率は15.2%。
これは全国平均の18.3%、神奈川県平均の17.2%と比較しても、低い値で推移しており、元気な高齢者が多い町として捉えることができます。
 人生100年時代と言われ始め、若者から高齢者の方まで、すべての方が健康で活躍し続けられる社会が理想とされていますが、一人ひとりが健康長寿でいるためには、個人として食事や運動などに気を付けることも大切ですが、グループや複数人で実施した方が効果が高いとのことです。
 つまり、健康づくり、介護予防なども、「地域とのつながり」やボランティアなどの「社会参加」によって、より効果が高まるということでした。
 現在、地域の皆さんに運営していただいている「地域の通いの場」は、まさにオール地域で健康づくりに取り組む場となっています。
 まだ参加されたことがない方も、ぜひお気軽に参加していただき、健康長寿を目指しましょう。
 

 

セミナーの様子

会場の様子