現在の位置

申告と納税に関すること

更新日:2015年11月11日

申告と納税

申告

賦課期日に二宮町に住んでいた人は毎年3月15日(15日が土曜日・日曜日の場合は、15日以降の最初の月曜日)までに前年の所得を役場に申告する事になります。ただし次の人はその必要がありません。

  • 前年中の所得が給与所得のみで勤務先から給与支払報告書が提出された人
  • 税務署に所得税の確定申告をした人

 

納税

町民税は県民税と合わせて納税する事になり、納税の通知は次の二つの方法があります。

  • 普通徴収
    事業所得者などの人には町から直接納税通知書が送られます。
  • 特別徴収
    サラリーマンの人は、給与の支払者(会社など)を通じて、納税者へ特別徴収税額通知書により税額を通知します。

 

納める義務がある人

毎年1月1日(これを賦課期日といいます)現在、町内に住所がある人
町内に事務所、事業所又は家屋敷を有する町外の人(ただし、均等割のみ課税)

 

均等割(均等の額によって納める)も所得割(所得に応じて納める)もかからない人

  • 前年中(1月1日~12月31日)に所得のなかった人
  • 賦課期日において生活保護法による生活扶助を受けている人
  • 寡婦(夫)、障害者、または未成年者で前年の合計所得金額が125万円以下(給与所得者の年収に直すと、2,044千円未満であつた人)

 

均等割がかからない人

前年の合計所得金額が次の算式以下の人
32万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族数)+19万円、本人のみ32万円

 

所得割がかからない人

前年の総所得金額が次の算式以下の人
35万円×(本人+控除対象配偶者+扶養親族数)+32万円、本人のみ35万円

 

町県民税額の計算方法

所得割は前年の所得金額から所得控除を差引いた課税標準額によって決まります。

 

所得について

所得の種類

  • 配当所得 株式や出資の配当など
  • 不動産所得 地代、家賃、権利金など
  • 事業所得 事業から生じる所得
  • 給与所得 サラリーマンの給料、賃金、賞与など
  • 退職所得 退職金、一時恩給などの退職手当等
  • 山林所得 山林を売った場合に生じる所得
  • 譲渡所得 土地、建物、株式、ゴルフ会員権などの財産を売った場合生じる所得
  • 一時所得 クイズの賞金、生命保険の満期返戻金など
  • 雑所得 恩給、年金などの所得並びに他の所得にあてはまらない所得

 

所得控除の種類

雑損控除(災害などによる損害)・医療費控除 ・社会保険料控除(国保税、国民年金など)・小規模企業共済等掛金控除 ・生命保険料控除 ・地震保険料控除 ・障害者控除・寡婦(夫)控除 ・勤労学生控除 ・配偶者控除 ・配偶者特別控除・扶養控除 ・基礎控除

 

公的年金からの個人住民税の特別徴収(天引き)について

特別徴収(天引き)の対象となる方

次の両方の条件を満たしている方が対象となります。

  • 前年から公的年金を受給されている方
  • 4月1日現在、65歳以上の方

 

特別徴収(天引き)の対象とならない場合

  • 公的年金の所得に係る個人住民税の納税義務がない方
  • 老齢基礎年金等が年額で 18 万円未満の方
  • 対象となる税額が老齢基礎年金等の年額を超える方

老齢基礎年金等の年額を超える方とは、所得税・介護保険料・国民健康保険税・後期高齢者医療保険料を控除した額

 

特別徴収(天引き)される住民税

国民年金・厚生年金・共済年金などを含むすべての公的年金の所得から計算した税額が対象となります。

給与や不動産・事業所得などの公的年金以外の所得から計算した税額は、年金の特別徴収に 含まれません。

 

天引きされる公的年金

老齢又は退職を支給事由にする年金(老齢基礎年金又は老齢年金、退職年金等)

厚生年金等の障害給付年金及び遺族給付年金からは天引きされません。

 

特別徴収(天引き)が新たに開始される年度の納め方

6月、8月

納付書等により個人で納付

納付書や口座振替により金融機関で納付

10月、12月、2月

年金から特別徴収(天引き)

日本年金機構等が住民税を公的年金から特別徴収(天引き)

納付方法の例
(公的年金に係る年間の税額が2万4 千円の場合)

 

特別徴収(天引き)が新たに開始される年度
徴収月 6月 8月 10月 12月 2月
徴収方法 納付書又は口座振替(普通徴収) 納付書又は口座振替(普通徴収) 公的年金から天引き
(特別徴収)
公的年金から天引き
(特別徴収)
公的年金から天引き
(特別徴収)
税額 6,000 円 6,000 円 4,000 円 4,000 円 4,000 円

 

 

公的年金から天引き(特別徴収)
徴収月 4月 6月 8月 10月 12月 2月
徴収方法 公的年金から天引き (特別徴収) 公的年金から天引き (特別徴収) 公的年金から天引き (特別徴収) 公的年金から天引き (特別徴収) 公的年金から天引き (特別徴収) 公的年金から天引き (特別徴収)
税額 4,000 円 4,000 円 4,000 円 4,000 円 4,000 円 4,000 円

 

4月から8月の天引き額は、前年度の2月に天引きされた額と同額となります。

 

お問い合わせ先
戸籍税務課 課税班〒259-0196 神奈川県中郡二宮町二宮961
電話:0463-71-3311
ファックス:0463-73-0134

お問い合わせはこちら