現在の位置

戸籍

更新日:2019年10月31日

戸籍とは

戸籍は、出生から婚姻、離婚、養子縁組、死亡にいたるまで、一生の身分上の変動を記録し、あわせて夫婦、親子などの身分関係を公証する文書です。この戸籍がおいてある場所を「本籍地」といいます。

届出先

町役場

取扱時間

役場開庁時間(平日8時30分~17時15分)に戸籍税務課窓口でお取扱いするほか、開庁時間外や閉庁日(土曜日・日曜日、祝日、年末年始)にも日直室で受付します。

ただし、役場開庁時間外や閉庁日にお届けいただいたときには、後日役場開庁時間に再度ご来庁の必要な場合がありますので、ご了承ください。

戸籍に関する届出

戸籍に関する届出
  届け出期間 届け出先 届け出人 手続きに必要なもの
および注意事項
出生届 生まれた日から14日以内 出生地、住所地、または本籍地のうち、いずれかの市町村役場 父または母(届出書を持参する人は法定届出人とは別でもかまいません。)
  • 出生証明書(出生届についています。医師または助産師に記入してもらってください。)
  • 母子健康手帳
  • 健康保険証
  • 印章(届出人のもの)
  • 命名は、常用漢字、人名用漢字、ひらがな、カタカナに限ります。
死亡届 死亡の事実を知った日から7日以内 死亡者の本籍地、死亡地または届出人の住所地のうち、いずれかの市町村役場 親族、同居者、家主、地主の順序
  • 死亡診断書(死亡届についています。医師に記入してもらってください。)
  • 印章(届出人のもの)
  • その他、死亡に伴う役場での主な手続き一覧はこちら
婚姻届 届け出が受理された日から効力が発生します。 夫か妻の本籍地または住所地の市町村役場 夫・妻
  • 届出先に本籍がない場合は、双方の戸籍謄本1通づつ
  • 印章:夫婦(一方は旧姓)の印章
  • 証人(成人2人)の署名押印が必要
  • 本人確認できるもの
離婚届 届け出が受理された日から効力が発生します。 夫婦の本籍地、または住所地の市町村役場 夫・妻
調停および裁判離婚の場合は申立人
  • 届け出先に本籍がない場合は、戸籍謄本を1通
  • 印章(夫と妻別のもの)
  • 証人(成人2人)の署名押印が必要
  • 裁判離婚は確定日から10日以内に届け出てください。
  • 調停書または判決書の謄本
  • 本人確認できるもの
戸籍法77条の2の届 離婚届提出時から3か月間(婚姻時の氏をそのまま称するための届出) 夫婦の本籍地、または住所地の市町村役場 婚姻時氏が変わった人
  • 離婚届と同時の場合は、届書のみで良い。
  • 離婚届後の場合本籍地以外へ出す場合戸籍謄本1通
  • 届出人印章
  • 本人確認できるもの
転籍届 届け出が受理された日から効力が発生します。 転籍者の本籍地または届け出人の所在地、転籍地の市町村役場 戸籍筆頭者・配偶者
  • 他市町村から転籍する場合は戸籍謄本1通
  • 印章(夫と妻別のもの)
  • 本人確認できるもの
入籍届 届出が受理された日から法律上の効力が発生します。 入籍者の本籍地または届出人の住所地 入籍者 (入籍する人が15歳未満の場合は法定代理人)
  • 入籍届書
  • 届出人印章
  • 家庭裁判所の許可証の謄本
  • 戸籍謄本(町外に本籍のある方のみ)
  • 本人確認できるもの

 

養子縁組届 届出が受理された日から法律上の効力が発生します。 養親及び養子(15歳未満の人は法定代理人)の本籍地または住所地 養親及び養子(15歳未満の人は法定代理人)
  • 養子縁組届書
  • 届出人印章
  • 成人の承認 2人の署名押印
  • 養子が未成年の場合は家庭裁判所の許可の審判書の謄本(ケースにより必要ない事もあります。)
  • 縁組当事者が婚姻している場合は配偶者の同意(ケースにより必要ない事もあります。)
  • 戸籍謄本(町外に本籍のある方のみ)
  • 本人確認できるもの
認知届 届出が受理された日から法律上の効力が発生します。
裁判認知:裁判確定から10日以内
遺言認知:遺言執行者が就職した日から10日以内
被認知者または認知者の本籍地または届出人の住所地、胎児認知は母の本籍地 認知者(父)
裁判認知は訴えをした者が期間内に届出をしないときは相手方

遺言認知は遺言執行者
  • 認知される子が20歳以上の成年者のときはその者の承諾書
  • 裁判認知は、裁判の謄本と確定証明書
  • 胎児認知は母の承諾書
  • 遺言認知は、遺言の謄本
  • 戸籍謄本(町外に本籍のある方のみ)
  • 届出人印章
  • 本人確認できるもの
  • その他、養子離縁届、分籍届などがあります。詳しいことは戸籍税務課戸籍住民班へお問合せください。
  • 「本人確認できるもの」とは、官公署が発行する運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付)、個人番号カード等で有効期限内のものです。
  • 届出時には、関連する手続きが必要な場合がありますので、国民健康保険証、国民年金手帳、印鑑登録証、老人医療受給者証、介護保険被保険者証、通知カード、個人番号カードなどお持ちの方はご持参ください。

戸籍証明書(手数料)

証明書取得の際は、本人確認できるものをお持ちください。

戸籍証明書(手数料)
  内容 手数料
戸籍全部事項証明書 戸籍の原本に登録されている人全部を謄写したもの 1通450円除籍、改製原戸籍は750円
戸籍個人事項証明書 戸籍の原本から必要とする人の分だけ謄写したもの 1通450円除籍は750円

「本人確認できるもの」とは、官公署が発行する運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(顔写真付)、個人番号カード等で有効期限内のものです。又、請求者が戸籍に記載されていない場合、続柄がわかる資料の添付・委任状等が必要となる場合があります。

証明書等発行窓口は下記をご覧ください。

証明書等発行窓口

火葬許可証・火葬料補助金

死亡届により「火葬許可証」を発行します。

また、住民登録のある方が死亡された場合、火葬料金を支払った方へ「火葬料補助金」をお支払いします。

対象
町内に住所の登録がある方(死体火葬された場合)

補助額
火葬料金の額(上限50,000円)

申請に必要なもの

  1. 火葬料金の領収書(原本)
  2. 印鑑(申請者の認印)
  3. 預金通帳(申請者の通帳。ただし、郵便局を除く)

火葬料補助金の申請期間は、支出した日から1年以内です。

お問い合わせ先
戸籍税務課 戸籍住民班〒259-0196 神奈川県中郡二宮町二宮961
電話:0463-71-3318
ファックス:0463-73-0134

お問い合わせはこちら