現在の位置

個人情報保護制度

更新日:2021年6月7日

個人情報保護制度とは?

個人情報保護制度は、町がもっている個人情報をその本人の請求に応じて開示や訂正などを行うためのものです。閲覧及び写しの交付により行います。この制度は、個人の情報の取り扱いを適正に行い、個人の権利や利益を保護するためのものです。

この制度を利用できる方

実施機関が保有している個人情報の本人であれば、どなたでも請求することができます。

実施機関

この制度を実施する町の機関は、町長、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会、議会です。

開示できない行政文書

開示によって、第三者の利益が侵害されたり、公益が損なわれないようにするため、次のような場合は開示できないことがあります。

  1. 請求者以外の個人情報が含まれる場合
  2. 法人等に不利益を与えると認められる場合
  3. 個人の指導、診断、評価、選考、相談等に著しい支障が生じるおそれがある場合
  4. 国等に関係する情報である場合
  5. 審議、検討、調査研究等に関する情報である
  6. 事務事業の公正、円滑な実施に支障を生じる場合
  7. 公共の安全、秩序の維持に支障が生じる場合
  8. 法令により開示できないとされている場合

個人情報に対する請求権

実施機関が保有している自己情報について次の3つの請求をすることができます。

  1. 自己情報の開示請求
  2. 自己情報について事実に誤りがあるときは、その訂正(追加・削除を含む)の請求
  3. 取り扱いの制限に違反したとき、収集の制限に違反したとき、取扱い目的の範囲に違反して利用したとき、又は取扱いの目的の範囲に違反して外部への提供がされたときは、その利用停止(利用停止、消去又は提供の停止)の請求

 

罰則規定

個人情報の保護にあたり、次のような罰則が規定されています。

職員若しくは職員であった者または受託業者に従事している者若しくは従事していた者

  • 正当な理由なく個人情報を提供した場合
    2年以下の懲役又は100万円以下の罰金
  • 不正な利益を図る目的で個人情報を提供又は盗用した場合
    1年以下の懲役又は50万円以下の罰金

職員若しくは職員であった者

  • 職権を濫用し個人情報を収集した場合
    1年以下の懲役又は50万円以下の罰金

開示請求した者

  • 偽り不正の手段により個人情報を開示を受けた場合
    1万円以下の過料

開示までの流れ

  1. 請求者の請求
  2. 窓口へ
    町役場2階の総務課で、所定の請求書に必要事項を記入して、提出します。
  3. 決定通知が届く
    窓口で請求書を受付けてから、所定の日数以内に請求に対する決定がされ、町の機関から通知が届きます。

開示等の決定

請求した行政文書等の閲覧や写しの交付を受けます。

一部開示・不開示等の決定

不服があるときは、審査請求ができます。
審査請求を受けた町の機関は、第三者機関である審査会に審査を依頼し、その結果に基づいて再度決定をします。

個人情報開示等請求書(RTF:86.3KB)

個人情報保護条例の運用状況

個人情報保護条例第34条の規定に基づき運用状況を公表します。

令和2年度運用状況

1.個人情報取扱事務の登録件数          429件

2.個人情報の開示等の請求件数           1件

3.個人情報の開示等の請求を承諾した件数          1件

4.個人情報の開示等の請求を拒否した件数          0件

5.個人情報の開示等の請求を文書不存在とした件数    0件

6.審査請求の件数                 0件

7.審査請求の処理状況               なし

二宮町情報公開・個人情報保護審査会開催状況

第66回二宮町情報公開・個人情報保護審査会

日時 令和3年6月1日(火曜日)

議題

(1)令和2年度の情報公開制度及び個人情報保護制度の運用状況について

(2)個人情報取扱事務登録簿について

(3)その他

 

お問い合わせ先
総務課 庶務人事班〒259-0196 神奈川県中郡二宮町二宮961
電話:0463-71-3315
ファックス:0463-73-0134

お問い合わせはこちら