現在の位置

食品ロスを減らして環境負荷や経済的負担を減らそう

更新日:2021年8月24日

食品ロス00食品ロス01食品ロス02食品ロス03食品ロス04食品ロス05


食べ残し、売れ残りや賞味期限などが近いなどの理由で、食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」。
日本では、家庭や事業者から出る食品ロス量が年間約600万トン(平成30年度推計)も発生しており、これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量(2018年 約390万トン)の約1.5倍に相当します。

食品ロス量の内訳は、家庭から約276万トン、事業者から約324万トンが発生しており、互いに食品ロス量の約半分を占めています。
国民一人当たりに換算すると年間約47キログラムの食べ物が捨てられいて、1日でお茶碗1杯分(約130グラム)の食べ物が捨てられていることになります。

ニーノ驚き

食品ロスグラフ

(出典:農林水産省 食品ロス量【平成30年度推計値】)


皆さん、どう思いますか。
私は毎日お茶碗1杯分の食品ロスなんか出していない!と思っている方もいるかもしれませんが、一方で、毎日は出していないけど、たまに「ドバっ」と捨ててるなんていう方は、1日に換算すると相当の量を出しているかもしれません。

まずは、「もったいない」と感じてください。
その気持ちがきっと行動につながるはずです。

食品ロスを減らすということは、ごみの減量化はもちろんのこと、地球温暖化などの環境問題やあなたと社会の経済的負担が軽減することになります。
逆を言えば、食品ロスを減らさないと、いろいろなロス(無駄)を生むことに。

まずは、どんなことで「食品ロス」をなくしていきますか。
例えば、「買いすぎない」・「作りすぎない」・「食べ残しをしない」など、ちょっとした工夫でなくなる食品ロスで、大幅なごみの減量化につなげましょう!
 

そもそも、賞味期限と消費期限の違いってなに?

賞味期限と消費期限の違い

賞味期限

消費期限
おいしく食べることができる期限。
(期限を過ぎてもすぐに食べられないということではありません。賞味期限を超えた食品については、見た目やニオイなどで判断しましょう。)
期限を過ぎたら食べないほうが良い期限。


こんなシーンで食品ロス

買い物編

  • 買い物に行く前に食品の在庫をチェックして、無駄な買い物を避けましょう。
  • 必要な量だけ買い物をしましょう。
  • 買い物をする時は、陳列棚の手前から購入しましょう。

保存編

  • 冷蔵庫の中を定期的に整理して、手持ちの食材をチェックしやすくしましょう。
  • 一度で食べきれない量の食材は、小分けにするなどの適切な保存を行い、使い切りましょう。
  • 食品に適した方法で保管して長持ちさせましょう。
  • 冷蔵庫の冷凍機能を利用するなど、長期間保存できる方法を実践してみましょう。
  • 賞味期限と消費期限の違いを理解して、賞味期限を過ぎた食品であっても食べれるかどうか個別に判断しましょう。

調理編

  • 生鮮食品などの傷みやすい食品は優先して使い切りましょう。
  • 料理は食べ切れる分だけ考えて作るようにしましょう。
  • 野菜の皮や茎など、食べられるところは捨てずに、料理の具材として使いましょう。
  • 食べきれなかったものは別の料理に活用するなど、使い切る工夫をしてみましょう。
  • 食べ切れなかった料理は保存して、なるべく早めに食べましょう。

食事編

  • きちんと食べきりましょう。(これに尽きます。)

外食編

  • 食べ切れる量だけ注文しましょう。
  • 食べ放題のお店では、元を取るために無理をして皿に盛ったりして食べ残すのはやめましょう。
  • 開宴時などは「3010(サンマルイチマル)運動」を実践しましょう。

3010(サンマルイチマル)運動ってなに?

宴会で食べ残しを減らすための運動です。

  • 乾杯後30分間は席を立たず、料理を楽しみましょう。
  • お開き10分前になったら席に戻って、料理を残さず食べましょう(できそうじゃないですか?)。

職場や知人の宴会から始めて、「もったいない」を共有しよう!
お腹も満たされて、宴会をおいしく・楽しみましょう!

 

食品ロスの現状などをもっと詳しく

農林水産省では、国内だけでなく世界規模で発生している食品ロスの現状や食品ロス削減のヒントを紹介しています。

《農林水産省のホームページを見てみよう!》

食品ロス外部リンクバナー画像

 

マンガや動画でも「食品ロス」への理解を深めてみよう!

九都県市(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市)では、3Rの取り組みの一つとして、食品ロス削減をテーマとしたマンガや動画でわかりやすく紹介しています。

《九都県市首脳会議廃棄物問題検討委員会のホームページを見てみよう!》

食品ロス外部リンクバナー画像

 

まずは、自分の「ロス」を知ってみよう!

家庭から発生する食品ロスを減らすためには、まずは、一人ひとりが、日々の生活でどれくらい食品ロスを出しているのかを知ることが重要です。
日々の生活から発生している食品ロスの量を日記形式で記録する「7日でチャレンジ!食品ロスダイアリー」を使えば、7日間で発生した食品ロスの量を把握できるだけでなく、食品ロスによる環境影響や、経済面でのロスを知ることができます。

《環境省のホームページを見てみよう!》

食品ロスダイアリー

 

どうしても食ロスが出ちゃったら…、こんなのはいかが?

消滅型生ごみ処理機「キエーロ」の紹介

 

ごみの減量は「食品ロス」だけじゃない。いろんな減量化策や資源化策を見てみよう!

可燃ごみ削減の3原則「3キリ」

生活様式の基本「3R」


町のごみ処理の現状

1市2町広域ごみ処理


あなたの「ごみ減量化策」を募集

この町に住む皆さんが実践しているちょっとした工夫や取り組みを募集します。
その事例をさまざまな場面で皆さんと情報共有し、その中から「これだったら私もできそう」というメニューを複数選択・実践していただくことで、環境にやさしく、環境意識の高いまちづくりを推進していきたいと思います。

募集方法などの詳細は↓
賢い選択を募集

《地球温暖化防止関連(参考例あり)》    《ごみ減量化関連(参考例あり)》

生活環境課メールアドレス kankyo@town.ninomiya.kanagawa.jp

お問い合わせ先
生活環境課 環境政策班〒259-0196 神奈川県中郡二宮町二宮961
電話:0463-71-5879
ファックス:0463-73-0134

お問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。