ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    新型コロナウイルスワクチン接種について(接種の前に)

    • [更新日:2024年1月10日]
    • ID:419

    ワクチン接種事業

    新型コロナウイルスワクチン接種は、令和3年5月に開始し、国の方針に基づいて対象者や使用ワクチンを変更しながら継続的に実施しています。

    現在も各接種の開始時期に合わせて、対象者や使用ワクチンが異なるため、よく確認のうえ、接種をお願いします。(開始時期によって「令和5年秋開始接種」や「令和5年春開始接種」という名称になっています)

      令和5年秋開始接種について

      令和5年春開始接種(終了しました)

    副反応について

    一般的にワクチン接種後には、ワクチンが免疫をつけるための反応を起こすため、一時的な発熱や接種部位の腫れ・痛みなどの、比較的よく起こる副反応以外に、極めてまれに脳炎や神経障害などの重大な副反応が発生する場合があります。

    副反応の中でもショック、アナフィラキシー様症状は、接種後、比較的すぐに起こることが多いことから、接種後15分間は接種した会場で安静に待機していただく必要があります。

    接種後ご自宅に戻られてから気になる症状を認めた場合は、かかりつけ医にご相談ください。

    接種を希望される場合は、ワクチンの有効性とともに副反応についてもご理解のうえ接種するようお願いします。

      副反応についてはこちら(厚生労働省HP)

    健康被害救済制度

    重大な副反応により健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が生じた場合のため、救済制度が設けられています。

    しかし、その原因がワクチンの接種ではなく、偶然にワクチン接種と同時期に発症した感染症などが原因であることもあるため、ワクチンの接種による健康被害であったかを審査し、厚生労働大臣によりワクチン接種による健康被害であると認められた場合に給付されます。

    (注釈)発熱や局部の痛みや腫れなどの予防接種で通常起こりうる軽い症状については、一般的に該当しないとされています。

    重大な副反応により健康被害が生じた疑いがある場合には、
    町保健センター 新型コロナウイルスワクチン接種プロジェクトにご相談ください。

     救済制度での新型コロナウイルスワクチン接種に係る健康被害の認定審査結果については、

     厚生労働省 疾病・障害認定審査会 (感染症・予防接種審査分科会、感染症・予防接種審査分科会新型コロナウイルス感染症予防接種健康被害審査部会)(別ウインドウで開く)で公表されています。


    相談コールセンター

    ワクチンに関する相談を受け付けるコールセンターを設置しています。

    二宮町ワクチン接種予約コールセンター

    神奈川県新型コロナワクチン副反応等相談コールセンター

    ワクチンの有効性、副反応など、ワクチン接種に関する医学的・専門的な相談・質問
    (注釈)医療機関の紹介は行っていません。

    電話番号:045-285-0719(24時間受付)

    厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

    ワクチン接種事業の制度やワクチンについて等の全般的な質問

    電話番号:0120-761-770(9時00分から21時00分(土曜日、日曜日、祝日を含む))

    関連ページ