ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

あしあと

    古民家ふるさとの家

    • [更新日:2023年3月3日]
    • ID:1180

    日帰り居住をしませんか?

    古民家ふるさとの家は、二宮地方の典型的な田の字型の建物で明治20年ごろ建築されたものです。

    昔なつかしい、古民家の雰囲気を存分にお楽しみください。

    令和4年度から地域活性化と観光振興のため、町が古民家ふるさとの家を二宮町観光協会へ貸し出し管理運営しています。

    予約方法、利用料金などの詳細は、二宮町観光協会が作成した古民家ふるさとの家のホームページをご覧ください。

    沿革

    古民家ふるさとの家外観拡大

    ふるさとの家は、旧野嵜幸雄氏邸(第26代二宮町議会議長・昭和60年没)であったものです。

    平成5年、所有者野嵜末松氏(建物)及び川原賢氏(土地)から寄贈されたものです。

    土地は面積1,155平方メートル(約350坪)と建物は農家の母屋で草葺屋根の上にトタン屋根をのせた建坪138平方メートル(約42坪)のものです。

    建て方は玄関右側に農家作業もできるような土間を作り、左側には4つの座敷を配置した二宮地方の典型的な「田の字型」の建物で明治20年ころ建築されたものです。

    地図情報